忍者ブログ

旅人の病記

自分に負けないように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

認定日

今日は、雇用保険の認定日で、職安に行ってきました。

酷く混雑していました。

雇用保険の窓口周辺は、居心地が悪いくらいに、人で溢れていました。

求人検索機は、当然のことながら待ち状態でした。

順番待ちがすごかったです。

ぼくが、書類を提出してから、名前を呼ばれるまで、30分以上掛かりました。



帰りは、二駅分歩いて帰りました。

今は時間があるから、そのくらい惜しまずやります。



最近ダイエットを始める準備として、まずは食事をダイエット食に切り替えました。

あとは、筋トレをしています。

ただ、これだけでは体重は減りません。

やっぱり歩かないといけません。

一日3時間歩かないと、ダメです。

健康を保つのも、なかなか大変なことです。

楽して、痩せることなんてできません。

でも、ぼくは比較的楽にやせることができると思います。

なぜなら、一日3時間くらい歩いても、さほど苦にもなりませんし、

プロテインは好きですし、パサパサなお肉も好きです。

筋トレは嫌いですけど、筋量を増やす目的さえ捨てれば、

つまり、筋量維持のための軽い筋トレであれば、

さほど苦しくはありません。

だから、ダイエットには向いている体質です。

ですから、世の痩せられない人間とは、体質が異なります。

これは、精神力の問題ではありません。

ダイエットの苦痛を苦痛と思わないという才能があるのです。

と言ってみても、やっぱりダイエットは苦しいですよ。



明日は、前職の同期と飲み会があります。

行きたくないです。

でも、同期なので、酷く緊張することもないですし、

多少は気を遣わなくても、よさそうなので、

その場にいることくらいはできそうです。

一年は365日、そのうちの一日くらい苦しい日があっても、仕方ないでしょう。



ぼくは、飲み会など大勢が集う催しに対して、苦痛を感じる人間です。

大抵の人間は、飲み会が面倒だとは思っても、ダイエットの苦痛には適わないと思います。

ぼくは、ダイエットには耐えられますが、飲み会の苦痛は耐えがたい。

きっと、ぼくは肉体的には普通なのだけど、精神的に弱いのです。



ああ、精神的に弱いのは、わかっているんです。

重要なのは、精神弱の認識から、先のことです。



最近、読んでいる本は、

ビジネス書というか哲学書というか、なんというジャンルかわかりませんが、

デール・カーネギーの『道は開ける』という本です。(他数冊)

この本には、主に「悩み」に打ち勝つ方法が書いてあると思われます。

まだ、全部読んでませんが、

1章では成功者たちは、どん底からどうやって立ち直ったか、などが書かれています。

それに、このD・カーネギーという人は、外人だけあって、自信満々です。

この本を読んで、成功しない訳がない、というようなことが書かれています。

その前向きな考え方を信じて、少し読んでみます。

愛読書ではありませんが、そういう本になればいいと思っています。



と、ぼくは無職ですが、一応、何かをしようと心掛けています。

本に書かれていることですが「今日、一日の区切りで生きる」ことを心掛けていきたいです。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[11/23 旅人]
[11/23 hananan]
[11/05 旅人]
[11/04 hananan]
[11/03 旅人]

プロフィール

HN:
たびびと
性別:
男性
職業:
病気
趣味:
読書
自己紹介:
"たびびと"です。
病気なんです。
疲れたシャボン玉なんです。
決して壊れる事がないのです。

Copyright © 旅人の病記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]