忍者ブログ

旅人の病記

自分に負けないように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また休み

アルバイトをまた休みました。

「歩いてでもいいから来て。頑張れよ」と言われました。

歩いて行けるのなら、とっくに行ってます。

動けないから、行けないのに。

怠けてる訳じゃないのに……



やっぱり、病気のこと、わかってもらえてないみたいです。

もっと、ちゃんと伝えられたらいいのに。

伝えられる力もないです。

ダメだ……

拍手[0回]

PR

笑う犬

アルバイトの日だったのですが、休みました。

電話に出たのは、ぼくの事情を知らない社員さんでした。

ぼくは、最初体調不良で休ませていただきます、と言いました。

すると、社員は体調不良のことに関して、詳しく聞いてきました。

ぼくが、うつ状態です、と言うと、笑われました。

笑うなら、笑えばいいさ。

拍手[0回]

勘違いから始まる

バイトの時間を勘違いして、

みんなが集合している頃、

ぼくは、睡眠薬をMAXで飲んで、眠りに落ちていました。



「今日の仕事は22時45分だ」

そのつもりで20時頃に起きて、

ご飯を食べていると、

社員さんから電話があって、

唐突に「どうした?」

と言われてびっくりしました。



仕方なく、別の仕事場に行けるように調整してもらって、

ぼくは、ぼくの勘違い通り、22時45分にオフィスへ向かったのです。

そして、電車の中で酷く苦しくなってしまいました。

蒲田駅に到着して、オフィスに電話しました。

「今日はダメそうです。でも、話があるのでこれから向かいます」



オフィスに入ると、社員さんは、忙しそうにPCに向かっていました。

ちょうど、これからの時期が忙しいんです。

だから、奥の席で坐って待ってて、と言われました。



奥の席で坐っていると苦しさがMAXになって、

手と顔から首にかけたところが痺れてしまいました。

軽い過呼吸です。



社員さんが来るまで結構な時間が掛かったので、

マスクを手で押さえて、呼吸を整えました。

紙袋ってどこに売ってるのかな?



社員さんには、病気のことを伝えてなかったのです。

持病のことを話すと、納得してくれました。

そして「やめる」or「日数を減らす」ということを言われたので、

ぼくは、出勤日数を減らして、一生懸命やってみます、と言いました。

出勤は、一日置きくらいで、主治医がいる木曜と土曜は必ず休みにしてもらいました。

週3日~4日程度です。

これで頑張ってみようと思います。



ああ、なんか気力が今はないなあ

拍手[0回]

身投げ

日に二度、蒲田から歩くことになるなんて思ってもなかったです。

今日は、酷く体調が悪くて、人を嫌悪して、凶暴な心が今にも表に出そうなくらいでした。

そのために、アルバイトを途中で抜けて、また歩いて帰ってきました。

朝、歩いて帰ってきたばかりなのに、

夜も歩きました。

お陰で股ずれが痛いです。



多摩川の丸子橋を渡っている最中、前をもう一人の自分が歩いていました。

その自分が橋から身を投げて、死んでいきました。

あの自分が一体何者だったのか。

それは、きっと狂気です。

今はそう思うようにしています。



ぼくは、今日を生きます。

今日、生まれて、今日死んでいく。

今日の自分は、狂気でした。

こんな日もあるさ、と軽く身を投げ、その自分は、下流に向かって、

軽く流されていきました。



少し寝て、落ち着いたので、日記つけておきます。

今日を生きる男、旅人

拍手[0回]

風を感じて歩こう

アルバイトも今日で、何日目だろう。

相変わらず、あまりなれません。

ただ、研修期間が終わりました。

時給が高くなっているはずです。

多分。なってるのかな?言ってくれてもいいのに……

でも、研修やってたときと何一つ上達していないような気がします。

棚卸しの仕事なので、ものの数を数えるのと、

その数を腰にぶら下げている機械に入力する、という単純な作業なのですが、

なかなかこれがうまくいかないんです。

キーボード(文字を書く範囲)ブラインドタッチはできるのに、

テンキーのブラインドタッチができないんです。

経理の仕事をやっている人とかは、すごく早いと思うのですが、

ぼくは、手元を見ないとできません。

なかなか難しいですね。

でも、慣れたら、今やってるブラインドタッチのように、少しは早くなるのでしょう。



今日は、7時に終わりました。

だから、歩いて帰ったら、10時になります。

迷いました。

でも、混みはじめた電車を見た瞬間に、線路を越える地下道に降りていきました。

そして、8時、9時、10時とはいえ、

炎天下の下を歩かなければなりませんでした。

汗だくです。

腕には変な虫が木から落ちてきてガブリとやられました。

歩きに歩いて、到着したのはやっぱり10時くらいでした。

11時を過ぎた今も、まだ汗が止まりきりません。



ぼくは悔しいんです。

公共の乗り物とはいえ、あんなに混んでいる電車に乗らなければならないのが。

そして、人ごみの恐怖により過呼吸になるかもしれない強迫観念に苦しめられるのが。

意地でも歩いてやる。

両足の皮が剥けたとしても!

それにしても風を受けながら歩くと、気持ちがいいですね。

足の痛みも吹き飛びます。



『風』を感じることは大切です。

『風』とは単純な風でもありますが、

別の意味もあります。

それは世界、社会、人々の声や動きです。

ぼくはそれをもう少し感じ取る力が必要なのです。

細やかな風を感じとりたい。

確か最近すごい勢いで売れた『1Q84』を書いた村上春樹のデビュー作は、

『風の歌を聴け』でしたね。

内容はほとんど忘れましたが、タイトルのように、

ぼくは『風の歌』をもっと聞かなければならないようです。



今日は18時から仕事です。

1時間前には出発しなければなりません。

だから、あまり寝られません。

まだ、ご飯も食べてませんし。

多分13時頃に寝ます。

疲れますが、仕方ありません。

もっと疲れている人間がいるのです。



そういえば、歩くとやっぱり体重が減りますね。

まったくの裸で計ると、75キロきらいです。

ぼくは、80キロくたいになりたいので、

水とプロテインと野菜ジュースと、更にまた水を飲んで、

76,5キログラムまで増やしました。



ダイエットには、歩くことが一番なのです。

一日3時間歩きましょう。

歩くと、痩せます。

ゲームをすると頭がよくなるのと同じように。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新コメント

[11/23 旅人]
[11/23 hananan]
[11/05 旅人]
[11/04 hananan]
[11/03 旅人]

プロフィール

HN:
たびびと
性別:
男性
職業:
病気
趣味:
読書
自己紹介:
"たびびと"です。
病気なんです。
疲れたシャボン玉なんです。
決して壊れる事がないのです。

Copyright © 旅人の病記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]