忍者ブログ

旅人の病記

自分に負けないように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

探し物はなんですか

探し物はなんですか~♪

なんて歌ありましたよね。

誰の歌でしょう。井上陽水でしたっけ?


探し物はフォークナーの短編集なんでしたぁ。

最初の一編を読んで、放り投げておいたのですが、

ちょっと気になって探してみると、これがない!

最近、文庫本を整理したりしたので、なかなか見つかりませんでした。


なんでフォークナー短編集?

『サンクチュアリ』というフォークナーの小説を買ってきたので、

同じ著者の作品は近くにおいておこうと思ったんです。そうです。そうだからです。


それにしても、よくもまあ、読むかもわからないものを次々に買ってくることやら。

これも近くに図書館がないせいだー

相変わらず浪費癖が出てしまうぼくです。

よかったブランド品とかじゃなくて。


旅人私立図書館には、日々蔵書が増えていく一方です。

えーと、確かテキトウ男K君には宮澤賢治の『風の又三郎』を貸していて、

大胆不敵な読書家M君には

『グレート・ギャツビー』『ティファニーで朝食を』『審判』を貸し出していたはず。

あまり会う機会がないので、返ってこない可能性もありますけど、

それはそれでいいんですよね。

読まれずに腐っているより、読んでくれる人の手に渡って、ちゃんと読んでくれたら。



テキトウ男K君に貸した『風の又三郎』に収録されたもののうち二編(『ツェねずみ』『クンねずみ』)は、

その場で朗読してあげたのですが、彼はビールを沢山飲んで、

気持ちよさそうに聴いていると思ったら、

そのうち規則的な呼吸が聞こえ始めて……テキトウな男です。飲んだ暮れです。

それ以降、彼はぼくの貸した本は読まず、谷崎潤一郎氏とか、三島由紀夫氏とか、

その当たりにちょこっと手をつけているようですが……

物語の中では又三郎は田舎の学校に風のように現れた少年であり、

現実では本としてぼくの手元に現れた、そして、両者とも風のように消えていった。

現実と物語が同じような構造を成していますね~

って、風の又三郎の内容は、ほとんど覚えてませんけど。


あれ、なんで又三郎なんだっけ。

ああ、フォークナーの短編集。

これは風のように消えてゆかず、

見えないところではありますが、ちゃんと整理されていたので発見できました。


ミシシッピー州で生まれ、アメリカ南部での犯罪を斬新な手法で描くフォークナー。

ミシシッピーといえば、

『ミシシッピー殺人事件』なんていうタイトルの難解なファミコンソフトがあったような……

ドアを開けるとナイフみたいなのが飛んできて、探偵が死亡するんですよね~



頭が混乱してきたので、ここで止めておきます。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[11/23 旅人]
[11/23 hananan]
[11/05 旅人]
[11/04 hananan]
[11/03 旅人]

プロフィール

HN:
たびびと
性別:
男性
職業:
病気
趣味:
読書
自己紹介:
"たびびと"です。
病気なんです。
疲れたシャボン玉なんです。
決して壊れる事がないのです。

Copyright © 旅人の病記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]