忍者ブログ

旅人の病記

自分に負けないように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小人の国

コンビニで食べ物を買いました。

その時は、1万円札しか持っていませんでした。

ここで、1万円札「しか」と書いたのは、1万円がなんの役にも立たないことが

起こったからなのです。誰にでも、ありそうなことです。



1万円札を出すと、アルバイト店員が

「お釣り切れてるんですよ」

と言い、途端に黙り込み、上目遣いでぼくを見てきます。

これは、いい気分ではありませんでしたし、困りました。



ぼくは、ちゃんとお金を持っているのに、買えません。

お腹が減っていて、買えないのも悔しいので、

コンビニ内のATMでお金を下ろし、手数料210円取られました。

悔しいです。



これは、コンビニの戦略なのでしょうか?

こんなの、お釣りがないから、ATMでお金下ろして来い詐欺です。

買うのを辞めたらよかったと思います。

無理して買わなければ、よかったんだ。

宮沢賢治のツェねずみだったら、きっとこう言うでしょう。
「お金のないぼくを騙すなんて、あんまりだ。まどっておくれ、まどっておくれ。」



ぼくが店員だったら、釣り切れのお詫びとして、

ATM手数料くらいは支払います。

この場合、悪いのは、客ではない、準備不足の店なんだ。

商売、接客というものは、そういうものです。

210円を損したから、文句を言っているのではありません。

店員の態度が、ぼくはとても気に入らなかったんです。

あまり悪びれる様子もなく、こっちが悪いような感じでした。

しかも、お金を引き出させて、詫びも何もない。

思い出せば、思い出すほど、書けば、書くほど腹が立ってきました。



これは、トラウマになります。

もう、ぼくはサイフに一万円あるときは、買い物しません。

特にコンビニでは。

というか、銀行からお金を降ろすとき、9000円までにします。

沢山お金を持っていても、ろくなことがありません。



この後、一ヶ月前に注文したCDが代金引換で届きました。

これも中途半端な代金で、しかも、10000円があまっていたので、

その一万円札で払うしかありませんでした。

お届け前の電話で、ちゃんと「お釣りはありますか?」と確かめました。

届けてもらって、お金はあるのに、支払えない、という状態にはなりたくありませんでした。

これもコンビニのトラウマのせいです。



世の中、小さなことで腹が立つものです。

小さいヤツだな、と言われたっていい、腹が立つのだから仕方がありません。

正直な気持ちです。

ぼくは、ほんの些細なことで、腹が立ちます。

小さな人間なのです。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[11/23 旅人]
[11/23 hananan]
[11/05 旅人]
[11/04 hananan]
[11/03 旅人]

プロフィール

HN:
たびびと
性別:
男性
職業:
病気
趣味:
読書
自己紹介:
"たびびと"です。
病気なんです。
疲れたシャボン玉なんです。
決して壊れる事がないのです。

Copyright © 旅人の病記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]