忍者ブログ

旅人の病記

自分に負けないように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リアルゴールド

憂鬱な状態が続き、

体が膨張してゆくような感じがしました。

風船のようにどんどん膨らんで、爆発しそうでした。

21時に部屋を飛び出しました。



帰りの体力などを計算するようなせこい真似はせず、

どこまでも歩くつもりで歩きたい。

そんなことありませんか?

ぼくは、その辺りで野たれ死んでもいいと思いました。

ゆらゆらと体を不安定に歩いていきました。



辿り着いたのは、溝の口でした。

ぼくの家から6キロくらいです。

往復で12キロです。

3時間歩きました。



帰りに何か飲みたくなったのですが、

飲みたい物がなく、何にしようか迷いました。

すぐに買うことはせずに、しばらく歩いて、

そうだ、リアルゴールドを飲もう、と決めました。

次にリアルゴールドが売っている自販で買うことにしました。



足が痛くなってきました。

でも、リアルゴールドはどこまで歩いても、見当たりませんでした。

まだかなあ、まだかなあ

結局、リアルゴールドは、ぼくの家のすぐ近く自販に売っていました。

そこでごくごくと飲んで、すぐに家に着きました。



ふと歩きたくなる日があるんだよなあ

拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • ますと
  • 2009-06-28 22:19
  • edit
最後の文、みつをみたいだね(笑)
オレは、あんまり歩きたくなるときがないんだよなぁ…。
きっと、動物の根本って歩くことなんだよね。いろんな比喩にも使われてるように、歩くことと、前へ進むことは、きっと近い意味合いなんだろうね。
今回たくさん歩いて、前へ進めたかい?

どうだろう

  • 旅人
  • 2009-06-29 05:24
  • edit
コメントありがとう。
今のところは歩くだけで、前に進めた感じはしないな。でも、歩き続けるうちに少しずつ前に進んでいるのだと思う。今日は雨が降ってたから外には出てないけれど。
ぼくが歩きたくなる時って、どこかへ消えてしまいたくなる時だ。
どこか誰もいないところへ行きたいと思って、外へ飛び出す。死んだって構わないと思う。人に会いたくないから、夜、人がいないような時をいつも選ぶんだ。去年、会社に行けなくなってから、僕はよく夜中に外に出てた。家から1時間以上かかる川の堤防まで歩いて、水面を眺めていた。真っ暗で、聞こえるのが水の音くらいで、そこにいるのが自分だけ。それで少し落ち着いて帰って来る。
ぼくには、歩きたくなることが、よくあるんだ。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[11/23 旅人]
[11/23 hananan]
[11/05 旅人]
[11/04 hananan]
[11/03 旅人]

プロフィール

HN:
たびびと
性別:
男性
職業:
病気
趣味:
読書
自己紹介:
"たびびと"です。
病気なんです。
疲れたシャボン玉なんです。
決して壊れる事がないのです。

Copyright © 旅人の病記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]