忍者ブログ

旅人の病記

自分に負けないように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ユリシーズ

プルーストの『失われた時を求めて』という小説は、

『ユリシーズ』と並び、20世紀を代表する小説とされています。

13巻もある時点で、読破が難しく、読み堪えがあることがわかります。

そもそも読破した人がそれほどいるとは考えられません。

何が20世紀の代表なのだ、というか、誰が決めたんだ、と思います。

その小説に僕は挑もうとしています。

その上で、20世紀を代表する小説たるものなのか、僕が決めようと思います。



その前に『戦争と平和』を読破しなければなりません。

この小説も2巻の後半まで来ていますが、まだまだ時間が掛かりそうです。

『失われた時を求めて』を20代のうちに読破できるかどうか微妙です。

それを読んだら、きっと同じく20世紀の代表である『ユリシーズ』を読みたくなるに違いありません。

大体、『ユリシーズ』なんていう題名からして、僕は興味があるんですよ。

内容はホメロスの『オデュッセイア』のパロディということですが、

そんなことは関係ありません。

ユリシーズという響きにどこか懐かしさを感じます。

その理由は、あまり事物に関心を持たずに生きてきた僕なので、よくわかりません。

ただ、漠然とした懐かしさを感じます。

ピッコロが修行場所を故郷と環境の近い場所にしたように。

その懐かしさの理由は、『失われた時を求めて』の中でのように、

紅茶にマドレーヌを浸した香りから、思い出されるかもしれません。

匂いから記憶を呼び覚ますという、まさにプルースト効果により。



しかし、現在、全訳として販売されている『ユリシーズ』は、

誤訳・悪訳が多いらしく、信頼できる代物ではないらしいです。

逆にすでに購入している『失われた時を求めて』の全訳は、

読みやすく、信頼できるらしいです。買ってよかった。

『ユリシーズ』を衝動買いしなくてよかったと思っていますが、

別の全訳が出ることを願うばかりです。



ああ、明日は久しぶりに心療内科に行こうと思います。

人ごみに紛れると、苦しくなる症状を治したいと思います。

それにヤク…いや、精神安定剤が少なくなってきたので、

また買わないと不安です。

久しぶりだなあ、嫌だなあ。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[11/23 旅人]
[11/23 hananan]
[11/05 旅人]
[11/04 hananan]
[11/03 旅人]

プロフィール

HN:
たびびと
性別:
男性
職業:
病気
趣味:
読書
自己紹介:
"たびびと"です。
病気なんです。
疲れたシャボン玉なんです。
決して壊れる事がないのです。

Copyright © 旅人の病記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]